FC2ブログ
 

ご隠居貞吉が行く

ボランティア

東北大震災発生からすでに4ヶ月が過ぎてしまった。
まだまだ復興の兆しが見えず、皆さん大変な日々を
送っていらっしゃるのだと考えると、思考停止してしまいそうです。

自分の出来る事を何かしたいと思っていたら
アロマ仲間の櫻井さんが声を掛けてくれて
「宮城アロマボランティアキャラバン第2回」に
参加してアロマテラピーのマッサージをやらせて頂く事になった。

8月2日~5日が予定の日程です。
仙台入りして、毎日違う現場に入る予定でいます。

どんな皆さんにお会いできるのか・・・
自分をしっかり持って、ご迷惑をかけないようにしなければ!!

PageTop

自然療法で放射能を除去

とうとう3号機から放射線が漏れている化膿性が
高くなってきましたね。
この東京に住み続ける決心をしたので、どうにか
自分が勉強してきた、自然療法で放射能に立ち向かえないかと
考えたところ、ありました良いのが!!

以前から解毒に最適という事で「クレイ」をご紹介してきましたが、
その吸い取る力を使って放射線から身を守れそうです。

チェルノブイリの事故現場跡にもクレイが
使われているんですよ。

使うクレイは緑の色をしたグリーンイライト(GREEN ILLITE)です。

使い方


クレイミルク(2Lの水に大匙2杯のクレイを良く混ぜて)で
→うがい
→鼻の洗浄

クレイを少しゆるく作って
→石鹸のように体を洗う
→髪を洗う

クレイをソフトクリームより固めに水にといて
→胸腺にシップ(5mm~1cm以上の厚さで) 大人は1時間、子供は30分
→甲状腺にシップ
→脾臓にシップ
→盲腸にシップ
臓器にシップするときは湯煎するか、ビンに入れたものを日光にあてて温めてから
シップするとなお良い。
胸腺・脾臓は免疫を高めます。
甲状腺はたまった放射能の吸出しを期待します。

上がり湯に
→洗面器に小さじ1杯のクレイを入れたものを全身にかぶる

*クレイ使用は医学的に放射能除去に効果があると証明されたものではありません。
 ご使用はご自分の判断で行ってください。

PageTop

東北大地震支援物資を送ろう!!

何かしたいと思いながら、コンビにの募金箱に
お金を入れても現地にちゃんと届くのが疑問に
思っていたところ、
信頼できるNPOの方からこんな連絡を貰いました。
阪神大震災では一番「お金」が喜ばれたようですが、
今回は別のようです。
物資が断然敵に足りずに命のききに瀕している人たちが
沢山います。
もし自分や自分の近くに下記のリストの物資を
持っていて、送れる人がいましたら
どうぞ宜しくお願いします。

*********************************

東北大地震支援物資を送りましょう。
支援団体がありましたので紹介します。

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21ちよだプラットフォーム1階
日本ユニバ震災対策本部 支援物資受付窓口(直接持ち込みは1階ウッドデッキ)


---------------------------------------------------------------------------------
下記の団体は現在被災地において小回りに効果的な対応をしているもようです。
会社など団体ではもちろん、個人からでも受けつけているようです。
津波被害の場所は孤立してみんな濡れている、とのことで古着でもいいので衣類でも必要なようです。
友人は直接団体に物資を持ち込んだそうなのでガセではないです。(KS記)

日本ユニバ震災対策本部(日本ユニバーサルデザイン研究機構)
http://www.npo-uniken.org/shinsai_busshi.html <--詳細こちら>

http://www.npo-uniken.org/

以下別サイト(http://on.fb.me/h5DpVR)からの記事を念のため転載します。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
http://www.npo-uniken.org/shinsai_busshi.html


日本ユニバーサルデザイン研究機構は被災地に現在スタッフやボランティアを送り込み、
救援活動を活発に行っています。「日本ユニバ震災対策本部」という名称のプロジェクトも
すでに立ち上がっています。

取り急ぎ電話でうかがった横尾さんの話を、以下に簡潔にまとめます。

(1) ボランティアが日本ユニバ経由で大量に現地入りしている。
たとえば気仙沼には個人所有のヘリを3台ボランティアで出してもらい、操縦もボランティアで。
また別のボランティアは2トントラック2台分の物資を積み、16日午後6時に東京を出発。
現地まで約12時間かけて早朝に山形に到着した。さらにそこから寝ないで津波の被害を受けた
気仙沼に入っている。このような活動が多数展開されている。現在、現地に入っているのは
これまでさまざまな場所で経験を積み、訓練されたボランティアたちだ。
内閣府認証の日本ユニバは政府から高速道路などの車両通行証の発行を受けており、
これを使って東京から物資を輸送している。

(2) そして判明したのは、今回の災害は阪神大震災の時とはまったく異なるということだ。
 阪神大震災では、兵庫県や神戸市、芦屋市と行った各自治体の機能は生きていた。
したがって政府と日本赤十字社からの物資や義援金は、自治体経由で被災地に送り込むことができた。
この結果、阪神大震災の教訓として「物資ではなく義援金で」「救援は赤十字社に一本化」という考え方が広く定着した。

ところが、今回の震災では救援の受け皿となる自治体そのものが各地で消滅している。
この結果、赤十字や自衛隊や消防隊の救援は、全体をカバー仕切れていない。
どこかの避難所に集団で避難している人たちが、誰からも発見されず、
水も食糧も燃料も電気も電話もなにもなく、完全に孤立してしまっているという
酷い状況が生まれてしまっているのだ。

だから今回の震災では、阪神大震災のルールを適用すべきではない。


(3) 日本ユニバの横尾さんも震災の後に山形から48時間かけて現地入りし、状況を確認してきた。
以下はその内容(かなり悲惨な事実描写が含まれているので、ご注意ください)。

50人が避難し、発見されないまま孤立している避難所をNPOが発見した。自衛隊に連絡したが、
その直後に再び津波が襲来し、全員が水浸しに。自衛隊が駆けつけた時には、うち30人が死亡していた。
津波の後に乾いた着替えが届いていたら、死なずにすんだかもしれない。

すでに高齢者をたくさん抱えている福祉施設が130人の避難民を受け入れ、しかしそこには食べ物も水も何もない。

赤ちゃんが2~300人もいる地域で、ミルク缶が1個しかない。みんな生き延びるために
もの凄い動き回って物資を探しているが、津波や余震が次々に襲来して、きわめて危険な状況。

引き上げた遺体は法律上、検屍をしないと火葬に回せないが、警察の手が足りていない。
それでも宮城県警は必死に対応してくれている。

自衛隊や救助隊がいったん避難所の人たちに繋がれば、その後は配給経路が確立され、
食糧や水も配給されるようになり命は救われている。
問題はまだ自衛隊につながっていない場所にいる孤立した人たちで、NPOは現地で
そうした避難所を発見し、自衛隊や警察につなげる役割を現在行っている。

とにかく被災地の人たちは、濡れている。濡れて寒くて死にそうになっている。
阪神大震災では「古着を送るのは迷惑だ」という教訓が残ったが、今回は異なる。
着替えの物資は絶対に必要だ。古着も送ってほしい。

最大の問題は、物資と輸送だ。物資は足りず、そしてその不足した物資を運ぶガソリンがない。

(4) これまで想定されてきた災害対応では、今回のように広範囲に同時多発的な被災を
想定していなかった。だから誰も全体の状況を把握できていない。テレビでもインターネットでも
みんな「阪神の教訓」で語りすぎだ。今回は阪神の教訓で語ってはいけない。
まったく異なる、異常な事態となっていることを認識してほしい。

(5)東京をはじめとして非被災地の私たちになにができるか。
物資と輸送の確保に手を差し伸べてほしい。

まず物資に関しては、「企業から」と「個人から」の2つの方法がある。
多くの企業は「阪神大震災の教訓から、物資は赤十字で一本化」という意識が定着しすぎていて、
今回NPOに提供を渋るところが非常に多い。いじわるをしているのではなく、認識不足なのだと思う。
赤十字だけでは物資の配給は追いつかない。NPOにも 提供するよう呼びかけてほしい。

個人から。日本ユニバのウェブサイトでは、
「壊滅的な被害を受けた孤立被災地で、生死を分けるアイテム」
「壊滅的な被害を受けた孤立被災地で、枯渇しているアイテム」
の2種類の救援物資を受け付けている。それ以外のアイテムも受け入れるが、
まず命を救うためのものに集中してほしい。これらの物資については、
中が見える透明なビニール袋に入れるか、あるいは段ボール箱に内容物を大きく記すなどしてほしい。

no title

3月13日(日)自由が丘のグリーンフラスコさんでクレイの簡単講習会をします。簡単ですが必要な内容は全部入っています。春の解毒の方法にクレイは最適ですよ。http://greenfshop.exblog.jp/15507046/

PageTop

貧血と私

いままで自分を貧血だと思ったことは無かったのです。
健康診断でも指摘された事はなかったので。

ただ昨年の診断で
尿に鮮血があるというのと
ヘモグロビン値が11だというのを言われました。
尿は女性は尿管が短いので良くある事で
ヘモグロビンも10.5以下が貧血という診断になるという
説明でした。

ここ数年の私の不調であげられるのは

*抜け毛が多い
*眼がかすむ
*疲れやすい
*肩こり
*やる気がなくなってしまう
*冷え性
*過食

という症状でした。
眼のかすみを眼科の先生に相談したら
「老眼の可能性があります。」と一言!!

それなのに~~。
子宮筋腫の手術を受ける為になるべく筋腫を
小さくした方が良いという事で
注射で女性ホルモンを止めて
生理の無かった6ヶ月間
(出血がないからヘモグロビン値の13~14に
あがっていたのです。)

なんと上記の症状がおさまっていたのです。
目なんかすっきり遠くまで見えちゃうんです。

これって自分では気が付かなかったけど
かくれ貧血だったと
いう事ですか??

もし立ちくらみが酷かったら
私もそうかな~と疑ったと思うのですが、
全然めまいみたいなのは
無かったんですよね。

そして手術後、手術中に出血した事もあり
数日は又又貧血になっちゃったのです。
そうしたら
かすみ眼ふたたびです。

女性は上記の不調は日常的に
あると思うのです。
一度貧血を疑ってみて
南部鉄瓶で沸かしたお湯を飲んでみたり
ほうれんそう、プルーン等
鉄分を多く含む食品を沢山摂ってみるのも
良いかもしてませんね。

いまは1日1回鉄剤を飲んでいますが
(飲むなら朝が良いみたいです)
来月からはなるべく食べ物から鉄分を
取るようにして
それとあわせて尿の出血を治さなくっちゃと
思っています。






PageTop